フリー在庫でました◎【Qee Original】Qee18th "FLY&BONES" by V.C.Johnson PAKER / ASH

フリー在庫でました◎【Qee Original】Qee18th "FLY&BONES" by V.C.Johnson PAKER / ASH

販売価格: 12,800円(税別)

在庫なし
【Qee Original】Qee18th "FLY&BONES" by V.C.Johnson PAKER / ASH

※ 当初の予定ではフリーでの販売予定はなかったのですが... キャンセル不可にもかかわらず悲しいことに連絡が取れないお客様や受け取り拒否のお客様がいらっしゃいました。。。それにより【4枚】のフリー在庫がでました✔︎ 店頭販売の予定がなかったアイテムですので、サイズが合うお客様がいらっしゃいましたらぜひこのタイミングで! この"ライムグリーンxパープル"は今回の18周年のみだけのカラーですのでお買い逃しなく!!!

BLACK : M x1, L x1
ASH GREY : L x1, XL x1

以上4枚です。

-------

10月に18周年を迎える当店の為に、アメリカ屈指のレジェンドがグラフィックを描いて下さいました。その名は【 VCJ / Vernon Coutlandt Johnson 】。そう、ご存知"POWELL-PERALTA"のアートディレクター【 V.C.ジョンソン】氏です。RIPPER・WINGED RIPPER・SKATEBOARDING SKELTON・TONY HAWK SKULL・CABALLERO DRAGON・VALLELY ELEPHANT・CROSSBONES...などなど数えきれないほどのグラフィックを1980年代全盛を迎えたパウエルに描き残したレジェンドアーティストです。

※ 170cm65kg【Mサイズ】着用画像です。

S : 肩幅49.5cm身幅50cm着丈66cm袖丈59cm
M : 肩幅55cm身幅56.5cm着丈70cm袖丈59cm
L : 肩幅59cm身幅60cm着丈71cm袖丈59cm
XL : 肩幅65cm身幅64.5cm着丈72cm袖丈59cm

長文となりますが大事な事が書いてありますので読破願います↓↓↓

さかのぼること2013年、今から6年前に私がカリフォルニア州サンタバーバラにあるパウエル・ペラルタの本社を訪れた際にV.C.ジョンソン氏にお会いしました。もう写真の世界の人ですから興奮しっぱなし、天才肌のアーティストと伺っておりましたが、その放たれるオーラに終始圧倒されていた事を今でも鮮明に覚えております。その際いつか当店の為にグラフィックを描いてくれとお願いしたら、完全にリップサービスだったとは思いますが”OK"と言ってくださいました。あれから6年、まさかまさかの現実になるとは……。

※ 以下、"V.C.ジョンソン”= "VCJ"と省略させていただきます。

VCJが日本のショップにグラフィックを描いたのは2010年に東京の【Challenger】さんの為に描いたのが最後、今回実に9年振りです。今回私とVCJをつないでくれたのは今まで再三紹介させていただきましたが池田裕二(Skip Distribution)氏。1985年スティーブ・キャバレロ、ロドニー・ミューレンが初来日の際の全国ツアー同行、1987年スティーブ・キャバレロ、ランス・マウンテン、ケビン・ハリス、エイドリアン・ドメインの全国デモツアー、全国ネットのテレビ(11PM)出演、その後トニー・ホーク、マーク・ゴンザレス、マイク・マクギル、クリスチャン・ホソイなどなど、日本でのデモツアーに通訳とコーディネーターとして全国ツアーに同行。キャバレロやトニー・ホークとは旧知の仲であり、パウエルの代表作である”アニマル・チン”に出てくるサンフランシスコの石壁バンクを見つけた最初の日本人として知られております。1984年にはASR(ロングビーチ)でDOGTOWN・VISION・90などのブランドを発掘。ジェイ・アダムスやジェフ・ホー、ウェス・ハンプソンなど業界著名人と直接会って交流を深めてこられました。PPSの取り扱いを機に急接近したジム・フィリップスとは自宅のスタジオを訪れて以来ずっと交流が続いていらっしゃって、そのご縁もあり当店の為だけに2度の作品を残していただきました。私が池田氏に出会ったのは2005年、以前からお世話になっているメーカーの営業トップで1980年代のパウエルやサンタクルーズをリアルタイムで日本に浸透させた張本人、まさに日本のレジェンドなのです。

そんな池田氏に今回の件を相談したのが4月中旬、6月に渡米なさるとの事で非常にいいタイミングでした。5月中に私が希望するグラフィックのイメージ詳細をまとめ池田氏に伝達、その案を事前にVCJに伝えていただき、その後直接アメリカでミーティングしていただけるとの事。 "パウエル=スカル"のイメージですがその概念を一度払拭し、1980年代のパウエルが掲載されている当時のスラッシャーマガジンを何度も読み返し熟考した結果、昆虫類・爬虫類系をも得意とするレジェンドに当店のモチーフである”FLY / ハエ”をお願いする事に決めました。そこからの展開が早く、すぐにVCJの承諾を受け6月前半にはファーストデッサンがアメリカより到着。パウエルの代名詞とも言えるクロスボーンズを加えていただき"FLY x CROSSBONES”の圧倒的80’s感を持ったグラフィックが完成。。もう全身鳥肌でした。。。その名は【 FLY&BONES™ 】。

その後VCJの原案画を元にイラストレーターでもあり彫師の長井友彰(TON-G・Soul Joint Tattoo)氏に細部の修正を、さらに当社が絶対的な信頼を置く甲野善之(KONOLiNE)氏にデータ化を依頼。およそ原案完成から2ヶ月、修正・データ化を含め4ヶ月の時を経てこの度みなさまにお披露目です。

-------

現段階では写真に"FLY&BONES"のデータを貼り付けているイメージ画なのですが、実際のプリントは80'sPOWELLの製法に準じて骨の部分のみ"発泡プリント"にて仕上げます。80年代当時のパウエルも発泡プリントですので◎ 発泡プリントによって膨れあがったクロスボーンにVCJ考案のFLYがネオングリーンにて鎮座するのですから... もはや80'sの極みでございます🔥

他の写真